リンツの中央駅

1950年の初めに駅舎は戦争中の故障の損傷をうけ、当時の様式で建て直されました。しかしふたたび交通の増加に対応するため、リンツの中央駅は挙げて作り直されました。リンツの中央は2004に完成しました。新しい駅舎は三階だてで、正面玄関タクシー乗り場やバスターミナルの位置する三階にあります。ホームは二階で、切符売り場、案内所、店やレストランがあります。一階にはリンツ市電の3線があり、駐車場ビルにつづいています。

リンツの駅地区
Terminal Towerターミナルタワーは98,5 mあり、リンツで一番高いタワーです。Energie AGのPower Towerパワータワーは72m、Wissensturmウィッセンスタワーは63mです。2004年にはリンツのミニ地下鉄が開通されました。「リンツの中央駅」という市電の停留所は水道の区間の心髄となっています。2007年完成のWissensturmウィッセンスタワーには市立図書館や市民大学が入っています。




Free Web Hosting